七呂建設のリフォーム部門は独立した体制で業務をしている

七呂建設の中でも、リフォーム部門だけは独立して業務を行っています。では、どのような体制で行っているのでしょうか。また、なぜリフォーム部門だけ独立しているのでしょうか。ここでは、七呂建設のリフォーム部門に焦点を当てることにします。

<リフォーム部門の特徴>

七呂建設のリフォーム部門は、営業段階から見積もり、施工、施工後の管理やメンテナンスまでトータルで行っています。通常、営業段階は七呂建設の営業部が担当するはずですが、リフォーム部門はそういう担当ごとに分かれていないのです。それは、新築の相談やモデルハウスの見学に来るお客様から、リフォームの相談が直接あるため、わざわざ営業しなくても仕事が途切れなくあるからです。

つまり、七呂建設という会社が信頼されているから、自然とリフォームの話が来るということなのでしょう。これだけ見ても、七呂建設がいかに地元民に支持されているかがわかります。

<リフォーム作業の実際>

実際にリフォームするには、建築時の図面がないと困るのですが、図面なしでリフォーム作業に入る場合も少なくありません。そんなときは、実際に現地に赴いて壁や床を開けてから、作業の段取りが始まります。始めてみると最初の予想とまるで違うことも多く、その場その場で臨機応変な対応が必要になるのが、リフォームという作業の特徴です。

しかし、最初の相談から見積もり、作業開始、完成まで一貫して作業を行うためお客様からの信頼も厚く、期待を込められて作業を進めていくことになります。これは、七呂建設の作業の中でも、リフォーム作業でしか味わえない達成感であり、醍醐味といえるでしょう。中には作業途中でいろいろ問題が発生して、なかなか作業が進まず苦労する現場もありますが、そういう現場を完成させて引き渡すときは感動もひとしおです。

<リフォーム部門で働くには>

七呂建設のリフォーム部門で働くには、建築士の資格があればベストですが、なくてもリフォーム経験者であれば大丈夫です。リフォーム作業をする上で大切なのは、お客様とスムーズにコミュニケーションがとれることです。お客様のことを第一に考えた仕事が求められます。

リフォームはすでにお客様が住んでいる家に行って作業するわけですから、新築の家を建てるのとは違います。

どんなに腕がよくても、印象が悪ければマイナスとなってしまいます。また、コミュニケーションは作業する職人同士の間でも重要です。リフォームは、決まった手順通りに作業ができない場合もあるので、自分の意見ばかり通そうとせず、相手の話も聞く態度でないと、スムーズに進めることができません。

リフォーム部門は非常にやりがいのある現場です。興味のある人は、ぜひ応募してみてはいかがでしょうか。