七呂建設が提唱する”お客様に喜んでもらえる家づくり”とは?

七呂建設では、「お客様に喜んでもらえる家づくり」を提唱しています。それはどのようなものでしょうか。また、躍進を続ける七呂建設の社風も気になるところです。

どのような社風からあれほどの業績が生まれたのか。そのバイタリティの秘密を探ってみましょう。

<料金の明確化>

七呂建設が推進していることのひとつに、料金の明確化があります。どういう工事にいくらかかるのかがはっきりすると、お客様が具体的な家の設計をイメージしやすくなります。また、資金の相談や間取りなどについての問い合わせにも、スタッフが迅速に対応します。

お客様のニーズは年々多彩になる一方ですから、そのひとつひとつに明確に回答することで、さらに信頼と絆が深まります。料金の明確化は建設業界では珍しいことで、これを提示することにより、「安心してまかせられる」という最高レベルの信頼につながります。

七呂建設では、施工した方の紹介や口コミでの依頼が多いのですが、これこそ大きな信頼の何よりの証といえるでしょう。前に施工した人が不満を持っていれば、絶対に知人にすすめないでしょうし、そんな企業の口コミの評価がよくなることはありません。

<七呂建設の社風>

ところで、七呂建設の社風はどのようなものでしょうか。多くの社員が、入社前は「住宅販売は大変だろう」と不安だったといいます。もちろん、営業にしろ住宅建設にしろ、仕事は楽ではありません。

しかし、七呂建設は誠実であたたかい社風なので、まず入社してすぐ安心感が生まれます。さらに、成長したいという気持ちをバックアップしてくれるので、やりがいを感じます。通常、新人の営業社員はノルマを達成できずに苦労します。

しかし、七呂建設ではお客様のほうから注文や問い合わせがひっきりなしに来るので、営業する必要がありません。むしろ、お客様の対応が忙しくて、営業に出ている暇がないほどだといいます。展示会やイベントを開けば大勢の人がやってくるので、その場でほとんど商談が決まってしまいます。

この点が、他の建設会社とは大きく違います。また、商談がスムーズに運ぶのも七呂建設の大きな特徴です。営業職は向き不向きがあり、中には人との応対が苦手な人もいるので、離職者が多いといわれる職種ですが、七呂建設では新卒採用の離職者は一人もいません。

これは、それだけ仕事がやりやすく、またやりがいもあることの証といえるでしょう。七呂建設では先輩がみな明るく親切で、困っていればすぐ手を差し伸べてくれるので、ストレスなく仕事ができると多くの新入社員が語っています。